2015年03月09日

「2015年第1回現行新入荷品即売リスト!!」商品発送開始

遅くなりましたが、本日9日より順次行います。
もうしばらくお待ち願います。
posted by masastamps at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

「2015年第1回現行新入荷品即売リスト!!」商品発送について

多数のご注文を頂いており、誠にありがとうございます。
身内に不幸が発生したため、商品の発送や事務作業が遅れます。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんが、何卒ご了承をお願いいたします。
posted by masastamps at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

2月2日発行普通切手帳初日印押印記!

かなり早い段階から話題となっていましたが、特に焦りはなし。
発行部数2万部だけど、公表された販売局が約80局のため、単純割で1局250部。
通販分あるだろうけど、大きな局にはきっとこれ以上の数が来るはず。

1週間前になり、念のため電話確認開始。買えたところで、その他の普通切手の多種発行+押印の行列になるため、近畿近辺の小規模中央局から照会開始。ざっくり7割方の局で販売予定数を教えてくれるも、9部、
10部、15部・・とその少なさに愕然。事の重大さに気付きました。
東京中央局や大阪中央局等、大きな局は販売予定数教えてくれず。東京中央局は「並ばなくても大丈夫だと思いますよ」と呑気なお返事。しかし、ある中央局で、管内の各局から既に管理替えの依頼あり、この場合、その局の持ち分から数量が減らされる事を教えていただきました。

【憶測を含む】
*入手するにはどうすれば良いか日本郵便コールセンターに問い合わせ→銀座局通販の案内(初日入手不可)
*局に問い合わせ→局から12月末頃までに支社照会すると、初日に間に合うように支社が管理替え。
それ以降は、預かりとなり、発行日以降管理替え(初日に間に合わない)。
*局に問い合わせ、その局が管内販売局に問い合わせ→発行日前なら、時期を問わず、販売局が承諾すれば、管理替えでき、初日受け取り可能。

つまり、購入希望者の問い合わせの方法、局の対応の仕方で、初日入手できるか否かが決まる。
今だから論じられるが、からくりが分からない時点では運次第。
そして、発行日以前に販売局以外に在庫が流れた場合、大きな局でも在庫がほぼ皆無であることも考えられる、逆に全く在庫の流出がないと、小さな局でも比較的状況が良い。

その後、状況の良さそうな、九州の複数の局を候補に挙げ、ピーチの長崎行航空券を手配。
前日2月1日の日曜日、長崎へ。
長崎なら、仮に悪い結果が出ても、状況のいい局(=他の九州の局)へも、当日中に移動できます。

2月2日、ホテルで戦の前の朝食。豚角煮、シュウマイ、ちらし寿司など長崎名物を腹一杯頂きました。
戦が始まると、昼食どころではなくなり、正しい選択でした。
7718.JPG
開局前、5名様のお並びでした。
大口の方がもう1名様おられましたが、9:30頃までに来られた皆様で円満配分。
7719.jpg

切手帳以外も発行種類は多いし、切手帳から小型シートを抜くにも時間がかかるし、機械ハト印の調子は悪いしで、午前中あっという間に終了。東京や大阪の状況を知る由もなく、未使用でも残してしまい、少量多種の初日印押印となりました。

和文印
7706.jpg7707.jpg
欧文印
7710.jpg
7711.jpg
機械ハト印
7716.jpg
7717.jpg
和欧文機械印 とても鮮明に押印していただきました。
和文機械印は活字が欠けている感じで断念。
7715.jpg
午後から欧文ローラー印
7712.jpg7713.jpg
同和文ローラー印(失敗)
7720.jpg

午後から今は珍しくなった和文丸二エラー印使用局へ。押印終了、ちょうど5時!
7708.jpg7709.jpg

夜になって、入手困難である状況を知りました。同じく、今回の候補に挙がった北九州中央局へ翌日電話したところ、5部あるとの事で、購入。その後、新門司港から10日前に就航したばかりの阪九フェリー新造船「いずみ」の個室で帰阪、翌朝泉佐野港へ無事到着しました。
7721.jpg7722.jpg

ところで、今回の切手帳発行で、取りあえずは「日本の自然普通切手」シリーズは体をなしたはず。
であれば、普通切手刷新「動物編」で1シート、「花編」で1シート、「景観編」で1シートに是非して頂きかったところです。
posted by masastamps at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする